カリフォルニア工科大學は9月2日、カリフォルニア工科大學の大學院生ディロン?ドンさん率いる研究チームが、ブラックホール又は中性子星が衝突したことによって伴星の超新星爆発が誘発された可能性があることを突き止めたと発表しました。

加利福尼亞工科大學9月2日,迪倫.頓所率領的研究團隊發布論文。認為黑洞或者是中子星碰撞有可能造成超新星爆發。

まず、研究チームが、VLA(the Very Large Array=超大型干渉電波望遠鏡群)Sky Surveyによって得られたデータを調べていたところ、非常に明るい瞬間的な電波源(radio transients)がみつかりました。この瞬間的な電波は、巨星が超新星爆発を起こしたときに飛び散った物質とその巨星の周囲に存在していた厚く濃いガスの雲が衝突して発生したものでした。

首先研究團隊通過研究超大型陣列望遠鏡獲得的數據,找到了一個非常明亮的瞬間電波源。這瞬間的電波應該是巨星進行超新星爆發時飛散的物質和巨星周圍存在的濃厚的星云進行碰撞所發出的。

しかし、これを普通ではないと考えた研究チームがさらに研究を進めると、同じ場所で、今度は、瞬間的なX線源(X-ray transient)がみつかりました。こちらは、相対論的ジェット(光速に近いスピードで噴き出すジェットのこと)が噴き出したことによって発生したものでした。

研究團隊認為這不是普通的,然后繼續研究,從同樣的地方發現了瞬間的X射線源。這是相對論中接近光速的臨界噴射所造成的。

そこで、研究チームがさらに慎重に研究を進めたところ、この2つは同じイベントから発生したものであると考えられることが解りました。普通はこの2つは結びつくものではありません。では、この2つがどのようにして同じイベントから発生したのでしょうか?

因此,研究團隊繼續慎重進行研究,認為這兩個結果應該是同一個事件造成的。一般這兩個不會同時發生。不過要是兩個同時發生,那會是何種事件呢?

コンピューターモデルを使って、さらに慎重に研究を進めた結果、研究チームはついに次のような最も可能性の高いシナリオにたどりつきました。

通過計算機模擬,繼續謹慎研究,結果研究團隊找到了最有可能的一個劇本。

ブラックホール又は中性子星(以下、ブラックホール)がかつて連星系を構成していた巨大な伴星(a massive star)に衝突します。このときブラックホールはかつての伴星の大気などを呑み込んでジェットを噴き出しますが、このジェットに含まれている物質によって伴星の周りに厚く濃い渦巻狀のガスの雲が形成されます。

黑洞或者中子星和構成雙星星系的巨大伴星發生碰撞就會造成這種結果。這時候黑洞會吞噬伴星的大氣,進行臨界噴射,這個噴射中的物質將會在伴星周圍形成濃厚的漩渦狀的星云。

その後、ブラックホールは、數百年をかけて伴星のコアに向かって落ちていき、やがて伴星のコアと衝突し、伴星のコアの物質を呑み込んで、非常に激しい相対論的ジェットを噴き出しますが、この相対論的ジェットが引き金となって、伴星はついに超新星爆発を起こします。

這之后,黑洞將會花費數百年的時間,落向伴星的核心,最終和伴星的核心碰撞。這時候會吞噬伴星核心的物質,發生發生強烈的相對論臨界噴射,這個相對論臨界噴射將會成為導火索,使伴星終于發生超新星爆發。

このとき飛び散った伴星の殘骸が伴星の周りに形成された厚く濃い渦巻狀のガスの雲と衝突して、上述した瞬間的な電波が発生したと考えられるというわけです。

這時候飛散的伴星殘骸會和伴星周圍形成濃厚的漩渦狀星云發生碰撞,就會發出上述的瞬間電波了。
原創翻譯:龍騰網 http://www.ribblestockfxtrade.com 轉載請注明出處


研究チームによれば、このようなイベントは以前から理論的には予測されていましたが、その観測的に確固たる証拠が得られたのは、これが初めてだそうです。

根據研究團隊所言,這樣的事件雖然之前就有理論進行預測,但是這還是第一次通過觀測得到明確的證據。

原創翻譯:龍騰網 http://www.ribblestockfxtrade.com 轉載請注明出處