「私たちは日本獨特の料理と思っています」 中國発祥も…インバウンドが絶賛した“日本の料理”とは


實際上起源于中國被認為是:“我們認為是日本獨有的料理” ……海外游客贊不絕口的“日本料理”究竟為何物?

海外から日本にやってくる観光客數で國別最多となっているのが韓國人です。春の気配が漂う中、東京を訪れた韓國人の母(60代)と娘(30代)は日本全國でよく見かける中華料理店で食事をしてみました。するとダントツで人気の定番メニューの味が親子をすっかり魅了してしまいました?!疙n國にはない味」と感激した一品について詳細を聞きました。
【実際の寫真】韓國人母と娘が日本で食べた中華料理 ギョーザの味に感激!
 ◇ ◇ ◇
しょうゆとラー油と酢を混ぜて作るタレも大好き
 韓國人の日常に溶け込んでいる食べ物がギョーザです。ただ、焼きギョーザのイメージが強い日本とは違い、韓國では水ギョーザが食卓の主流で韓國語で「ムル(=水)マンドゥ」と呼ばれています。外國人観光客でいつもごったがえしているソウルの有名スポット?広蔵(クァンジャン)市場でもマンドゥは大人気でカルグクス(包丁で切って作られた麺)に一緒に入れて提供される、略して「カルマンドゥ」が外國人観光客の間でも高い人気です。
 こうしたことから母と娘は日本のギョーザ事情が気になっていました。そんな親子の目にとまったのが「餃子の王將」。株式會社王將フードサービスが全國で展開している中華料理チェーン店で全國で約730店舗を數えます。
 この親子に限らず、「餃子の王將」に関心を持つ韓國人はたくさんいます。実際に注文してみてどうだったのでしょうか。娘のユジンさんは「ギョーザというと韓國ではマンドゥをイメージしますが、これは蒸したギョーザなんです。日本のギョーザはカリカリに香ばしく焼いてご飯と一緒に食べます。しょうゆとラー油と酢を混ぜて作るタレも大好きですよ。日本式の中國料理と言えなくもないのでしょうが、私たちはこれを日本獨特の料理と思っています」と定番メニューにすっかりとりこになりました。
 ギョーザは片側に焼き色が付き、もう片側は蒸されてもちもちです。目の前に運ばれてくると肉汁とニンニクの香りがふわりと立ち上り食欲をそそります?!革溩婴瓮鯇ⅰ工扦膝啷沥辈摔歉钉い皮毪长趣ⅳ辘蓼?。これも韓國人の間で人気の理由かもしれませんね。

韓國如今已經成為來日本最大的境外旅游客源國。在這春意融融之際,一對來自韓國的母女(母親60多歲,女兒30多歲)決定在東京一家日本各地都挺常見的中華料理店用餐。結果,一道廣受歡迎的招牌料理的味道令母女二人贊不絕口。就這道被認為“這是韓國沒有的味道”的料理、記者進行了詳細詢問。



【照片】韓國母女在日本嘗試的中華料理,對餃子的味道大加贊賞!
【韓國人也非常喜歡用醬油、辣椒油和醋混合而成的蘸料】
韓國人的日常生活中少不了餃子。但與日本常見的煎餃不同,在韓國主要流行的是水餃,韓語中稱為“MULU(= 水)MANDO”。在外國游客人流如織的有名景點首爾廣藏市場里,餃子也極受歡迎,通常與KALUGUKUSU(手工刀切面)一起裝在一起、賣給游客、簡稱“KALUMANDO”,也非常受外國游客的喜愛。
正因為如此,這對母女也一直對日本的餃子感到好奇。感到好奇的她們發現了一家名為“餃子王將”的餃子店。這是一家在日本全國開設的中華料理連鎖店,擁有約730家門店。
其實不僅是這對母女,很多韓國人都對“餃子王將”抱有濃厚的興趣。那么她們實際點單之后感覺如何呢?(這對母女中的)女兒Yujin說:“提到餃子,韓國人通常會想到“MANDO”、是蒸餃。日本的餃子外皮煎得酥脆可口,可以和米飯一起吃。用醬油、辣椒油和醋調制的蘸料我也很喜歡。雖然這被稱為日式中餐,但我們認為它是日本特有的料理?!?,對這道招牌菜贊不絕口。
這家的餃子一面煎至金黃酥脆,另一面則是(燜)蒸熟的軟中帶Q口感,當它端上桌時,肉汁和大蒜香氣撲鼻而來,讓人食欲大增。餃子王將有時還會附贈泡菜小菜,這也許也是韓國人喜歡它的原因之一吧。